自然に生きたい、あなたへ

母音と芸術的精神性

母音と芸術的精神性

もくじ



母音と芸術的精神性の研究成果

1987年1月キューバ開かれた第一回国際学会に出席した東京医科歯科大学の角田忠信教授は、会場で蝉しぐれのように鳴く虫の声を聞いて、何虫かと思い周囲の科学者たちに聞いたが誰も聞こえないという返答に不思議に思って、このことについて研究を始めた。

人種に関係なく音を認識する人体の仕組みは、右耳から入った音は言語を認識する左脳、左耳から入った音は音楽や自然音や雑音などを認識する右脳であるが、このために受話器は右耳にあて、音楽などは左耳に入ったものがよく認識される。そこで、母音、泣き笑い、動物の声、虫の音、川のせせらぎ、雨音、などについて、日本人とポリネシア人のみは右耳から入ったそれらの音を左脳で認識し、たとえば虫の音を「虫の声」として認識していることが判り、西洋人などは左耳から入ったそれらの音を右脳で聴いているため、虫の音は日常的に気にしない道路の騒音と同様に認識していることが判った。

そうしてこれらの差は、人種にではなく言語に関係があることが判った。日本人でも外国語を母国語として育てられると右脳型となり、外国人が日本語を母国語で育てられると左脳型になることが判り、日本語を母国語として最初に覚えたかどうかという点で決まるということである。そうして、言語の差は、「母音」を使うのが日本人とポリネシア語族だけであるため、母音が関係している可能性が高いことがわかった。日本人は母音を左脳で言葉として認識し、西洋人は母音を右脳で雑音として捉えるのである。

犬の鳴き声は子音語族は、雑音なので困惑して人それぞれで、ウォーウォー、ワーワーなどと表現する。日本語を主に話す人は「ワンワン」とハッキリ表現した擬態語を認識することができる。風は「ヒューヒュー」、雨音は「しとしと」と表現し、特に日本人は、「虫の声」という日本の歌に「あれ松虫が鳴いている チンチロ チンチロ チンチロリン」というように、大自然を日本語で表現して、芸術として愉しむことができる。

母音と子音は陽と陰の関係にあるが、特に日本の場合は「言霊幸わふ国」である。であるから、日本の言葉とカナ遣いなど表現は世界一豊富であるだけではなく、和歌の短い言葉の中には、韻を踏んだりして、非常に言葉以上の多くのものを込めることができ、解説を見なくてもだいたいの意味で様々な情緒を惹起させる力さえあるが、こうしてみると「日本語とは何か?」を根源的に解明をする必要があるものと思う。なぜならば、日本語が本来はいかに力を持つ言葉であるか、それは芸術表現に優れているだけではなく、どれほど人間関係、社会において優れた力を発揮するものなのかということに繋がってくるからである。このことは別項で触れたい。



powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional